H1

「音符カード」と「記号カード」  遊びに熱中するうちに、階名や音楽記号をしっかりと覚えることができます!

「音符カード」

低いシから高いソまでの13音階の音符を一組にして、(ピンク・水色・黄・白に一組ごと色分けしています。)それを4組1セットにしました。
トランプと同じ遊びが楽しめます。(ハートやスペードなどの代わりに4色に分けています。音階が数字の代わりになります。)

「記号カード」

今まで機械的にしか覚えるしかなかった音楽記号を、遊んでいるうちいつの間にか覚えられるカードです。
「じゃんけんリレー」や、「かるた」などなど楽しい遊び方が無限に広がります。

トランプのルールを使って

★神経衰弱(2人〜)

トランプと同じルールで、すべてのカードを裏返し、同じ高さのカードを2枚ずつ集めていきます。たくさんカードを集めた人が勝ち!
はじめはカードの種類を少なくして取りやすくしましょう。

★ラならべ(3人〜)

「七ならべ」と同じルールで7のかわりに「ラ」のカードを使います。
ピンクカードになれてくると、一組をブルーカードの階名の書いていない音符カードに替えていきます。

上記以外にもトランプと同じゲームができます。楽しい遊び方を考えてみましょう。
楽しく遊んでいるうちに階名や記号名を覚えることができます。

ピンクカード(音符カード)を使って

★カルタあそび(2人〜)

カルタとりと同じで、音符面を並べます。読み手は「ピンクのラ」とカードの色と階名を言い、取り手はそのカードを取ります。
《2チームに分かれて源平合戦も出来ます。記号カードを混ぜて一緒に覚えても楽しいです。》

★ババ抜き(3人〜)

トランプと同じルールで、同じ高さのカードを2枚ずつ集めて出していきます。
早く手持ちのカードがなくなった人が勝ち!

ブルーカード(記号カード)を使って

★じゃんけんリレー(2人〜)

2チームに分かれ、両チームの間の机に記号カードや音符カードを並べておき、「用意、ドン」で、両端から一人ずつ順番にカードに書かれている記号名や階名をタッチしながら言っていきます。
ぶつかったところでじゃんけんをします。
勝ったらさらに進んで行き、負けたらチームの後ろにもどり、次の人がまた端から記号名や階名を言っていきます。

カードを全部読み進められたチームの勝ち!

少ないカードから始めて、覚えられたらカードをだんだん増やしていきましょう。

音符の書いていない五線カードには、ヘ音記号の音符を書いたり、自由に使いましょう。

商品概要

商品名 オンプ DE トランプ
サイズ 14.5×10×2.5(cm)
重量 190g
数量 2ケース1セット(PPケース入り)
価格 1,200円(税別)
製品のご購入・ご相談はTEL・FAX 078-594-2228、またはE-Mail: まで。
Copyright c 2007 OPUS-1 All rights reserved.
トップ | 取扱商品 | 会社概要 | お問い合わせ
id "bottom"